月齢と月の呼び名

◎画像をクリックしてください。

新月
月齢:0 新月 朔月 暗月 月立ち(ついたち)

新月は、月立ちとも言い旧暦では「1日」にあたります。
「つきたち」が「ついたち」になったとも言われ 朔月、朔は、「ついたち」と読みます。

 

繊月 二日月 既朔
月齢:1 繊月 二日月 既朔(きさく)

日没後1時間前後の空に見える糸(繊維)のような月の様子から繊月(せんげつ)と呼ばれます。

 

三日月 初月 若月 眉月 娥眉 夕月
月齢:2 三日月 初月 若月 眉月 娥眉 夕月

新月後、最初に確認しやすい月ということで初月・若月など様々な名称で古来より人々に愛されている月です。

 

上弦の月 弓張
月齢:7 上弦の月 弓張月

上向きになった半月を弓の形に見立て、上弦、弓張月とも言われます。

 

十日夜(とおかんや)
月齢:9 十日夜(とおかんや)

十日夜は、旧暦の10月10日の月のことをいいます。収穫のお祝い日。
この日、田んぼの神様が山に帰って山の神になるといわれます。

 

十三夜月
月齢:12 十三夜月

満満月に次いで美しいとされる月で満月に向かい満ちていくことから 縁起の良い月とされます。

 

小望月 十四日月 待宵の月
月齢:13 小望月 十四日月 待宵の月

満月の前夜の月で幾望(きぼう)とも言い、“機”は「近い」の意味を持ちます。

 

望 満月
月齢:14 望 満月

最も月が満ちるとき。月と太陽は地球を挟んで180度対角上に位置します。

 

十六夜
月齢:15 十六夜(いざよい)

「十六夜」とは“ためらい”の意味を持ちます。十五夜より遅い月の出の様子を表す言葉です。

 

立待月 忽ち月
月齢:16 立待月 忽ち月(たちまちづき)

立待月は、立って待っているうちに(忽ち)出る月からついた名です。

 

寝待ち月
月齢:17 居待月(いまちづき)

座って待つうちに出る月ということで「居待月」と呼ばれます。

 

更待月
月齢:18 寝待ち月 臥待月(ふしまちづき)

満月を過ぎると月の出がだんだんと遅くなっていくため、寝て待つという意味から寝待月と呼ばれます。

 

亥中の月 二十日月
月齢:19 更待月 亥中の月 二十日月

亥中というのは上刻と下刻の間、午後10時くらいをさします。午後10時くらいに昇る月です。
夜も更けてから昇ってくるという意味で更待月とも呼ばれます。

 

下弦の月
月齢:21 下弦の月

弓が下向きになっていることから下弦と呼ばれます。

 

二十三夜月
月齢:22 二十三夜月

新月に向かい月の出は遅くなり、月を見ることができるのは真夜中から朝方にかけてになります。
二十三夜も月待ちのひとつです。

 

逆三日月 二十六夜月
月齢:25 逆三日月 二十六夜月

昔は「月待ち」という行事があり二十六夜もそのひとつです。
二十六夜の月は、愛染明王(恋愛成就・縁結び) の化身と言われています。

 

三日月 初月 若月 眉月 娥眉 夕月
月齢:29 晦日月(みそかづき・つもごり)

新月前日の月。月隠り(つもごり)とも言われ、月はその姿を隠します。

 

<月の満ち欠けの絵>

こちらのページに掲載している、すてきなイラストを描いてくださったのは
開運画オペレーターnaoさん http://spiritual-art-nao.jimdo.com