page contents:月のサイクルと星座  星座と惑星の運行  月の基礎知識

月のサイクルと星座

月がひとつの星座を通過して、次の星座に移動するのはおよそ2.5日です。

月は、約一ヶ月で星座をひと巡りします。

月の満ち欠けとそのとき月が入る星座は影響しあい、
わたしたちの生活やこころにもそれらの「響き」をもたらします。

わたしたちは、このことを知識として知らなくても自然とその響きを感じていますので
自然に導かれて日々を暮らしています。

この「響き」を意識的に知ることで、こころもからだも宇宙とひとつになり、
より豊かでスムーズな日々を送ることができます。

 

星座と惑星の運行

星座は、太陽の見かけの通り道(黄道)を春分の日を起点に
おひつじ座、おうし座、ふたご座・・・・と12で分割し星座が当てはめられています。

一般的に知られている時分の星座は、生まれたときの太陽が
どの星座に入っていたかで決まります。

月やさまざまな惑星も太陽と同じようにそのときの運行で
どの星座の場所にあるかがあり、そのとき入っている星座と影響しあいます。

 

月の基礎知識

【月のデータ】
  • 公転周期:約27.3日
  • 月がある地点から地球を回り、同じ地点に戻るまでの期間:自転周期:約27.3日
  • 月が自分で回転する期間。地球の周りの1回公転する間に、1回自転している:直径:約3476km
  • 赤道半径:約1738km(地球の半径の4分の1強):表面積:約4000万k㎡
  • 質量:地球の約81分の1
  • 地球との距離:平均38万4400km
  • 温度:昼120度 夜ー80度
  • 月の一日:約655時間(日が昇って沈むまでの時間)
  • 陸地:月面の約85%
  • 海:月面の約15%

参考文献:『月ーあなたはどこまで知っていますか』財団法人国際文化交友会発行