今月の月 2017年2月:2016年の月はこちら

1月の月 |

新月 新月 1月28日(土)9時7分みずがめ座 旧正月

「これまでの枠を超えるエッセンスを受け取る~イニシエーション~新月」

暦の上では大寒の季節です。
一番冬の寒さが厳しくなるときですね。
この新月は旧暦の正月にもあたります。
みずがめ座で迎える新月は これまでの自分の枠組みを ちょっと超えていく願いを持つとき。

特にこの新月は、今までの自分の枠組みをちょっと超えるためのエネルギーが 宇宙から注ぎます。
今年必要なプログラムをダウンロードして インストールするような時間です。
全員ダウンロードするための基盤、スペースは準備できています。
全員にチャンスがありますが、ダウンロードするかどうか、さらにそれをインストールするかどうかは それぞれの自由意思があります。

新月の願いごとは
アイデア、ひらめき、解決法、未来、新しい流れ、自由、技術、長期目標、世界的視野、わくわくすること、若返り、人道的な事柄、客観性、知識、知恵、夢の実現、占い、友情、グループ、ネットワーク、無関心、人との関わり、足首、ふくらはぎなど のキーワードがポイント。
願いごとを書き終わったら、自分の願いが世界中の人の幸せにつながるイメージをすると、みずがめ座のエネルギーを取りこみやすい。

願い事シートのダウンロードはこちら

 願い事シートをダウンロードする

 

上弦の月 上弦 2月4日(土)13時19分 おうし座 立春

「立ち上がる~今年最初の旅の始まり」

暦の上では立春となる上弦です。一年の始まりでもある立春。
ものごとを少しずつ始めることに向いている季節。

おうし座で迎えるこの上弦の月は「旅の始まり」のタイミング。
2017年の最初旅が始まります。
1月に乗った船が次々に出航していくタイミング。
出航のための風が吹きます。

おうし座の領域の月はまったりしやすいので体や気持ちは動きたくない、進めない現象が起こりがちです。

でも、おうし座は一度立ち上がり、進み始めると他の存在にとめることができないぐらい 目標に向かって一歩一歩 歩みをゆるめることなく進んでいきます。

物質的な目標を立てることで、立ち上がりやすいとき。
具体的に欲しいものややりたいことをイメージしてみましょう。
内なるおうしを立ち上がらせるタイミングです。

それぞれの役割とタイミングがあります。
このタイミングで動き始めた人、立ち上がった人は、大きなエネルギーを動かしていく役割、パイオニアとしての役割があります。
なかなか動けない場合は、まだ旅立ちのタイミングではありません。
自分の内なる風向きに意識を向けてみてください。

これから、2月19日~26日新月、3月春分、4月と 旅立ちのタイミングがあります。
旅立つことを選ばず、夏まで自分の HOME(家)を養い 整えていく人もいます。
自分の心に耳を澄まして 自分のタイミングをつかんでいきましょう。

 

満月 満月 2月11日(土)9時33分 しし座

「内なる尊厳の完成・・100%LOVE」

2016年8月から創り上げてきた 内なる尊厳が完成を迎えるとき。
内なる尊厳とは、自分の行動やあり方を尊重し大切にしていることで育ちます。
健全に育たたない場合、プライドの高さになり、
自分からなかなか行動できないことにもつながります。

わたしたちは、自分の関わっていることに
100%LOVE であると堂々と言えるとき、
自分が大切にしたいことや人を大切にしているとき、
卑屈にならず比較することなく
遠慮なく、でも配慮を持って
他者と接することができますし、
遊ぶこと、表現することへの罪悪感を持つことなく、
自分を活き活きと表現することができます。

もしも、あなたが活き活きとしていないようだったら
内なる尊厳を確認してみてください。

あなたは自分の関わっていることに100%LOVE だと言えますか?
あなたが関わっていることはあなたを元気にすることですか?
大切な人を大切にしていますか?
やりのこしたこと、気がかりが心に残っていませんか?

もしも、ひとつでもひっかかることがあれば
その物語を書き換えるタイミングでもあります。

本当はどうしたいか。
言葉にして書き出してみましょう。

 

下弦の月 下弦 2月19日(日) 4時33分 いて座

「大きな神秘 今年 2 度目の大きなうねり」

暦の上では雨水の頃。凍った大地に最初の目覚めの雨が降ります。
雨は、大地を溶かし、土の中で眠っていた「種」を目覚めさせます。

わたしたちも春に向かい「目覚め」のタイミングとなるとき。
この日から 26日新月を迎える期間は 今年2度目の次元の「うねり」が起きるときです。

いて座で迎えるこのタイミングの下弦は
再び、地球に生まれた意味や魂の目標などを確認し、
今年の目標に向かい、さらにぐっと的を絞っていくタイミングでもあります。
的を絞った時に手放すことがあれば、手放すことも必要になるでしょう。

ここまで自分を養って来た人にとっては、旅立ちのために立ち上がるときになるでしょう。
春からどこへむかって成長していいかわからなかった人にとっては、
これから 26 日の新月を迎える期間は
次の成長へのインスピレーションが訪れるときでもあります。

それぞれのタイミングがあります。
内なる声、内なる衝動に注意を向けてみてください。
大地の奥で起こっている胎動、発芽の音を聴いて。

 

新月 2月26日(日) 23時58分 うお座 食

「魂の目覚めに向かい無条件の愛が働く新月」

詳細は2月にUPいたします!

 

詳しい宙模様や、こころや人生の生きかた、新しい経済についてなどをお届けしています。

 


1月の月

新月 新月 12月29日(木)15時54分やぎ座

「封印解除 本当にやりたいことへ向かう」

暦の上では冬至を過ぎ、仕事納めの季節です。
新しい年へ向かい気持ちが移り変わるときですね。

夢を描き、的を絞っていくいて座の季節から絞りこんだ的を、さらに具体的に計画していくやぎ座の季節です。

特にこの新月は、無理だと想うこと、あきらめていたこと、こんなものだと感じることなどの封印解除の時です。
そして、本当にやりたいことを選ぶとき。

 

まずは、自分の願いや考えていることをすべて書き出してみるといいでしょう。
その中から本当にやりたいことを選んでいきます。
お金も時間も人間関係も仕事も健康も何も心配することがなかったら 何をしたいか?

 

どうぞ、その一番やりたいこと(たくさんあってもいい)の 扉の前に立ってみましょう。
そして、扉の前に立つときは孤独感、不安感が出るかもしれません。

 

今回の新月は特にその感覚があるかもしれません。
でも、月の出ない新月が暗闇に星を輝かせるように 暗闇だからこそ、見えてくる輝きがあるものです。

ふだんは気づかない内なる輝きに気づく新月でもあります。
そのとき、扉はすーっと開いていくでしょう。

 

新月の願いごとは
時間、老後、定年後、責任、自己鍛錬、ゴール、目標達成、成功、到達、処理能力、父親、権威、伝統、評判、自己正当化、膝、尊敬、職業、社会的地位、野心、 勤勉さ、達成、賞賛、管理能力、あきらめ、用心深さ、自信のなさ、骨、皮ふ、かゆみなどのキーワードがポイント。

願い事シートのダウンロードはこちら

 願い事シートをダウンロードする

 

上弦の月 上弦 1月6日(金)4時48分 おひつじ座

「エネルギーを注ぐ先を見つめる」

季節は、小寒を迎え冬の寒さが増していくとき。
お正月ムードから少しずつ明けていくときです。

おひつじ座ということで前進しようとする力に囲みが起こり、足止めになる上弦です。
この上弦は水星逆行中でもあります。
この上弦は、2017 年前進していくために必要な浄化の月になります。
過去の間違い、痛み、失望を認め、自分の期待を浄化し、本当にエネルギーを注ぐべきことを明らかにするとき。

 

12月中に整理された旧領域の現実的整理の仕上げや
やぎ座新月、新年に立てた目標がより具体的になり、エネルギーを費やすこと、前進するべきエネルギーの方向を明確にするタイミング。

6日から次のかに座満月まで 2017 年に注ぐべき方向や具体的な目標がより明確になります。

 

満月 満月 1月12日(水)20時35分 かに座

「2017年を作っていく基盤(人間関係)の完成」

2016年7月から創り上げてきた人間関係(基盤)が完成を迎えるとき。

このかに座満月は 2017年夏までともに活動する人間関係がひとつの完成を迎え、2017年に向かい新たな段階へ入ります。

2017年の基盤になる人間関係や大切にしたいことが明らかになり、同時に具体的に自分のできることもだんだんと明確になるとき。

 

この満月から3月春分を迎えるまで 2017年を決める大切な時期です。

ともに人生を編み上げてきた人達との絆は、人生で弱った時頼ることのできる絆でもあります。
それこそが私たちの人生の基盤になります。普段はその存在に気付かないこともありがちな大切な人達。
それは、自分の弱さを見せることができる人達でもあります。

 

あなたには、弱さをさらけだせる人はいますか?
自分の弱さに降り立つとき、本当に大切な人やことが見えてくるでしょう。

 

下弦の月 下弦 1月20日(金 7時15分 さそり座

「根気よくエネルギーを蓄えていく」

季節は大寒。一年で一番寒さが厳しくなるときです。
桜の花は、この一番寒い時期にその幹が赤みを帯びます。

冬の一番厳しい季節の中、樹々や自然はエネルギーを高めます。
人も「寒げいこ」をして、冬のエナジーを取りこむ時。
この季節にしっかりと冬のエナジーを取りこんでおくことは春の発芽の力になります。

 

学習に取り組むことや苦手なことの課題に取り組むことなどおすすめのとき。
また、ご自身の健康に取り組んだり、習慣作りに取り組むこともおすすめです。

 

この下弦から立春、そして、春分を迎えるまで しっかり春に向けて土台になるエナジーを根気よく蓄えていきましょう。

 

 

詳しい宙模様や、こころや人生の生きかた、新しい経済についてなどをお届けしています。