新月の瞑想

すべてのものを無に返し、あたらしい光を生み出す瞑想 

新月前夜、当日もOKです♪
願い事を書く前にしていただくといいと思います。

1、できればお部屋は暗くして、キャンドルの灯りぐらいがいいと思います。
ゆっくりとリラックスしてください。

 

2、リラックスできたら、闇の中心へ降りていくイメージをします。

 

3、闇の中心にたどりついたら、ゆっくりと闇を感じます。
そこには、すべてのものが無に返し、
すべてのものに安息を与える新月の女神が微笑み あなたをそっと包み込みます。

 

4、自分がすっぽり新月の女神に包まれ安らいだことを感じたら
その後、自分の中の要らないエネルギーや感情、想いなどが
外側ににじみでていくようにイメージしてみます。

 

5、新月の女神は、あなたからにじみ出たエネルギー、要らない感情や想いをすべて吸収してくれます。

ここまで一緒に寄り添ってくれた感情や想いに感謝し
それらが闇へ還っていく(吸収される)イメージをします。

「今までありがとう」

 

6、女神はエネルギーを吸収すると あなたに一粒のひかりの種を渡します。
あなたは、それを受け取って、女神にわかれの挨拶をし
一筋の光の道が現実まで導いてくれるイメージをしてその道を戻ります。

 

7、ゆっくり目をあけて終了です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・新月の瞑想は、新月当日、翌日に効果的です。

できれば、月をイメージできる画像など見てイメージを自分の中に
取り込んでから行っていただくようおすすめします。

月の瞑想は、より月のパワーを取り入れるものです。
細かい決まりはありませんので自由に使ってくださいね。

 

瞑想のための音声