満ちていく月(三日月・上弦の月)の瞑想

ものごとを始めようとするとき、何かに挑戦し創り上げていくときの瞑想です。

1、ゆっくり深呼吸をして自分を整えます。
自分の背骨に意識を集中し、意識をまっすぐ地中に伸ばしていきます。

2、地球の真ん中に向けて意識をゆっくりとおろしていき、どんどん地球の内部に進んでいきます。
地球の真ん中まで来ると、自分の意識が固定されるところがあります。
そこに意識の根っこを巻きつけて、今度は、ゆっくりと地球のエネルギーとともに、
伸ばした意識の道をたどって自分へ戻ります。(グラウンディング)

3、自分の中に意識のエネルギーが戻ってきたら
そのエネルギーが背中、おなか、胸、のど、頭、全身にいきわたるのを感じてみましょう。
力強いエネルギーがめぐっていきます。

4、次は、そのエネルギーを頭頂部からゆっくりと宇宙に向かって伸ばしていきます。
自分の好きなところまで伸ばしたら、伸ばした意識の道を通って再び自分へ戻ります。

5、自分を通して、宇宙のエネルギーと地球のエネルギーが、
8の字を描いて、ひとつになるイメージをします。(センタリング)

6、輝く三日月や上弦の月をイメージします。
月はどんどん輝きを増して行きます。

7、その光の中からひとりの少女が現れるイメージをしてください。
彼女は、すべての可能性と結びつき、すべてを成し遂げる可能性を持った、自由で聡明な少女の女神です。

8、あなたは、その女神と徐々に同化していきます。
そして、満ちていく月の澄んだエネルギーを全身に感じます。
女神は、あなたに勇気とパワーを分け与えてくれます。

9、あなたのすべてが女神と同化し、あなた自身が満ちていく月のエネルギーになったと感じたら
ゆっくり自分に戻ってきて終了です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

三日月、上弦の月の瞑想は、満ちていく月の期間に効果的で
満月の3日前ぐらいまでが効果的な瞑想です。

できれば、実際に月を見てから行うといいのですが
下弦の月は、真夜中にのぼりますのでそう見ることができません。

月をイメージできる画像など見てイメージを自分の中に
取り込んでから行っていただくようおすすめします。

 

月の瞑想は、より月のパワーを取り入れるものです。

細かい決まりはありませんので自由に使ってくださいね。

 

瞑想のための音声